2007年06月03日

外反母趾の原因

スポンサードリンク


外反母趾になる原因のほとんどは、足に合わない靴を履き続けることにあります。特に原因として多いのが、ハイヒールです。ハイヒールは踵がつま先よりも高くなっていますので、自身の体重がかかる場所がつま先に集中してしまいます。
そのため、ハイヒールを履き続けて外反母趾になるケースが非常に多いです。ハイヒールだけでなくファッション性を重視した窮屈な靴外反母趾になりやすいです。そのため、社会人になって数年くらい経ったころの女性、ハイヒールなどを日常的に履く頻度が多くなり、更にそれを履いて仕事をして数年という女性に外反母趾の患者が多いのです。

また、遺伝的に外反母趾になりやすい場合もあります。親指が長く靴の影響を受けやすい人は生まれつき外反母趾になりやすいです。
さらに、女性はもともと間接が柔らかく筋力も弱いので、靴による圧迫で足が変形しやすく外反母趾になりやすいのです。

----------------------------------------------------------------
原因については個人差が大きい。発生が女性に多いために環境要因と遺伝的要因が上げられている。
・環境要因:女性の靴はファッション性が高いものが多く、足先を保護する機能が低い。にも関わらず女性はそうした靴を選択してしまう。また、近年社会状況の変化から立ったまま行なう仕事が増えたことも原因として上げられている。
・遺伝的要因:一般に女性の方が関節が柔らかく、筋肉の発達も弱いためになりやすい。また親指の長さが足指でもっとも長い場合に外反母趾になりやすいとされる。

----------------------------------------------------------------
参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by hallux-valgus at 10:33 | 外反母趾の原因
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。